病気とうまく向き合う

girl is sad

双極性障害を治療する薬は2種類のものがあり、その2つを併用して症状を抑えていきます。基本的には医師の処方で使うものと考えておきましょう。
2種類の治療薬のうち、地領の中殻を担うのが気分安定薬と呼ばれるものです。気分安定薬は気分の起伏を抑えることを目的とした薬で、炭酸リチウム、バルプロ酸ナトリウム、ラモトリギン、カルバマゼピンなどが含まれています。感情の波が激しい双極性障害において、気分安定薬は必要不可欠です。感情の波を抑えることで衝動的な自殺を抑える働きもしますので、必ず服用しましょう。
そして気分安定薬補助的な役割を担うのが抗精神病薬です。これはその名の通り精神病全般に効果のある薬で、統合失調症の治療などに用いられます。主な紅葉は脳内のドーパミンを抑制することになります。双極性障害も統合失調症と同じで脳内のドーパミンが原因になっていると考えられており、ドーパミンを抑制することで確かな症状改善が見られます。
ちなみに双極性障害を普通のうつ病と勘違いして、抗うつ剤を服用する方がいますが、それは大きなリスクを伴います。たしかに抗うつ剤も双極性障害のうつ状態には効果がありますが、躁とうつのいサイクルが早くなる「ラピッドサイクラー」になってしまう可能性があるのです。普通のうつと様子が異なる場合は、迷わず医師に相談しましょう。

双極性障害の治療をする方に覚えておいていただきたいのが、双極性障害には完治ということはありません。なるべく症状を抑え、長く付き合っていくしかないのです。そのためにも薬の正しい使い方を覚えるのは非常に重要です。病気との付き合い方さえ分かれば、普通の暮らしも十分可能ですので、諦めずに薬物治療を続けましょう。